HOME>特集>改善や改修の内容によって見積りを確認しよう

2種類から選ぶこと

男女

リフォームには快適さの追求と、生活していくための2種類があり、海老名の施工業者を選ぶ上でも条件にあげておきましょう。例えば、キッチンやバスルームを一新したり、設備・機器を最新のものにしたり、壁を取り払ってワンルームにしたり、便利さや快適さを追求するリフォームもあります。しかしこの内容(種類)は、中古の建物にこそ追求できるものです。一方、万が一、ハンデを抱えてもなるべくなら終の住処として、身の回りのことを自分でできるように生活していくために行うリフォームというのは、住まい手にこそ追求できるものです。思い通りに安心して施工するには、良いリフォーム会社との付き合いが必要不可欠です。基準とすべきは、どこを改善・改修するのかという内容です。海老名で知名度のある大手もありですが、地元工務店、水回りや電気・ガスなどの設備系工事店などから選びます。

大手と比べる

キッチン

リフォーム会社の選択では、海老名で知名度のある業者と比較するのが早いでしょう。その基準とすべきは、見積書の内容が詳細かどうかです。本体工事の見積りで単価や数量、建材の型番などが明確に出てくるのが優良会社である可能性大です。一式である場合でも、解体工事やクリーニング、残材処分のような付帯工事についてであればよく、本体工事について一式とされるなら注意しましょう。

記録に残せる

海老名のリフォームは、費用や仕上がりが業者ごとにまちまちで、統一されてはいません。ですから、リフォームの範囲やグレードについての相違がないのが一番肝心です。どのような材料をどれくらい使うのか、使用するボードの厚みやアイランドキッチンのグレードなども見積書に記載されているか、より親切であるのはそうした記録に残る内容です。

広告募集中